スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈りのネットワーク

imagesCA6ONDEZ.jpg


祈りのネットワークというものがあります。

それはどんなものなのか、というと

依頼者に「健やかさ(ウェルネス)」を送るというグループなのです。

以前にラリー・ドッシーという人の「祈る心は、治る力」という本を紹介しましたが、

実際に、祈りのネットワークの依頼をしたメンバーの話では、

飼い犬の病状が手術をすることになって、とても心配でたまらず「健やかさ」を送って欲しいと依頼しましたが、術後、獣医さんも驚く程傷の回復も早く、病状も良くなったそうです。

もちろん、人にも祈りを送りますし、ガンなど重い病気の方からの依頼もあります。

終末期にあるかたなど、最終的には寿命を迎える方でも、亡くなる前に穏やかに過ごすことができたという報告もあります。

「健やかさ」を送る方も健やかさの中に入ることでとても癒されます。

むしろ、そういうことをすると誰かの為に祈るということが、自分を癒す行為なのだと実感します。

何人かの人たちが、そのように報告しています。


これはお金も一切かからないし、本当に素晴らしい方法なのです。


それなのに先日、友人が事故にあって彼女に「健やかさ」を送ってもらえるように頼みたかったのですが、

彼女にそのことをどういったら良いのかわからなかったのです。

本人にも聞いて、了解を得ることが相手への礼儀だと思うのですが、伝えることに抵抗があったのです。

言っても受け取らないかも…、嫌がるかも、と思いながら、

私が個人的に健やかさを送るだけにとどめてしまいました。


けれども、これはすごく奇妙なことにも思えますが、反対に子供の頃から誰でも祈ることをしていて当たり前のようなこと、

そして昔からずっとあったものでもあると思うのです。

それなのになぜ、ためらいを感じてしまったのだろうかと、伝えられなかったことに自分でも残念なのです。

(chie)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Creative Life

Author:Creative Life
自然療法・代替医療を考える Creative Lifeは、2013年春に京都を活動拠点として設立されました。
10月7日より、一般社団法人Creative Lifeとなりました。

このブログで、活動報告、お知らせなどを発信していきます。

この活動に賛同し一緒に活動していただく会員・賛助会員を募集しています。
お問い合わせはcreativelife2013☆outlook.com
☆を@に代えて事務局までメールにてお問い合わせください。

最新記事
お勧めの本
大野百合子さん 催眠ワークショップ開催予定!! 乞うご期待!!
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。