スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡のコース勉強会

PHOT00000000001070EA_500_0.jpg


6月7日にジャック・ブラックバーン氏の奇跡のコースの勉強会に参加しました。
「奇跡のコース」についてはずいぶん前から名前は聞いていましたが、実際に本を手に取ることはありませんでした。

とりあえず、今回は噂に聞く「奇跡のコース」とはどのようなものだろう?ということで、
何も知らないまま、お話を聴きに行くことにしました。

途中、テキストを購入しようと本屋さんに立ち寄り、唖然としてしまいました。
とても分厚い本が2冊並んでいます。
さて、一度にこの分厚い本を2冊も持ち歩くのは大変だぞ(^_^;)
そこで、取り組むなら「教師のためのマニュアル」をまず先に、と勧めてくれたG氏の言葉を思い出し、
ナチュラルスピリット 大内博氏訳の第2巻を購入することに。

勉強会で聞いたところによると、大内さんの訳とは別に公式のテキストがあるのだそうです。
公式の基準が非常に厳しいため何人かの訳者さんが挫折したとか、
それで、日本での訳本の発売が遅れていたのだそうです。

前おきはともかく、ジャックさんは長いあいだ様々な方々とこの奇跡のコースを学んできたそうです。

参加者のほかの方々が、奇跡のコースに取り組む様子などもお聞きしました。
300番代のレッスンに取り組んでいるという方もいました。レッスンは365あり、
毎日1レッスンずつ進めば一年で終わるというものです。
けれども、一日で消化できない場合もあるので、同じレッスンを2~3日続ける場合もあるそうです。

最初のレッスンの内容をご紹介すると、

この部屋の中で、(この通りで、この窓から、この場所で)私が見ているものには、何の意味もありません。

というレッスンです。

シンプルにその「意味はありません」ということを適用します。
このレッスンの目的の解説などは無いようです。
ただ、それを実践することによって、何かがわかってくるということが大事なようです。

ジャックさんが今回会の中でお話していただいた内容の中で印象深かったことをご紹介します。

ジャックさんが救急救命士だった時に、
事故に遭って瀕死の重傷を負った女性に付き添って病院に運んだそうです。

彼女は結果的に亡くなってしまったそうです。
そういう意味では命を救うということは出来なかったわけです。

その女性は実は看護師で生前仕事で死にゆく人に寄り添い看取ることをしていたそうです。
人生最後の時、彼女は自分も同じように看取られるという体験をしたということです。
それを病院に駆けつけた彼女の姉がジャックさんに話したそうです。

身体をケアするという仕事をしていても、彼は何かを治療するとか治すということを目指しているのではなく、
共にあること、その人に意識を向けていること、そういうことの方が大事だということをジャックさんは言いたかったようです。
命は救えなくても、そばにいて手を握っていたり、声をかけることで、救われるものがあるということです。

もし、私たちが誰かの問題を治すとか解決するということを目指して関わったとします。
そうすると、きっとその人は問題を通して治療者と関わろうとしたり、
一つ解決しても次の問題、次の問題ということを止めることをしないでしょう。

私たちがエゴに振り回されている限り、問題はつきませんし、人生は不満や問題だらけなままです。
大事なことは、問題をなくすことではなく、エゴから距離を置くということなのです。

それがプレゼンシング・ソマティクスの求めているものでもあり、
奇跡のコースの教えの一側面ということのようです。

奇跡のコーの本
奇跡のコース 第二巻―学習者のためのワークブック/教師のためのマニュアル奇跡のコース 第二巻―学習者のためのワークブック/教師のためのマニュアル
(2012/12/12)
ヘレン・シャックマン

商品詳細を見る

















コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Creative Life

Author:Creative Life
自然療法・代替医療を考える Creative Lifeは、2013年春に京都を活動拠点として設立されました。
10月7日より、一般社団法人Creative Lifeとなりました。

このブログで、活動報告、お知らせなどを発信していきます。

この活動に賛同し一緒に活動していただく会員・賛助会員を募集しています。
お問い合わせはcreativelife2013☆outlook.com
☆を@に代えて事務局までメールにてお問い合わせください。

最新記事
お勧めの本
大野百合子さん 催眠ワークショップ開催予定!! 乞うご期待!!
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。