スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボディートーク説明会&体験会 6月15日

img023.jpg

好評につき、4月に引き続きボディートークの説明会&体験会をひき続き開催いたします。

6月15日(日) 説明会:11時~12時 
          参加費:500円

          体験会(各時間2名×3):13時30分~ 14時20分~、 15時10分~
                        16時00分~(追加枠)
          参加費:3、000円
          場所:烏丸WACプラザ
          地下鉄四条駅3番出口直結のビル  第5長谷ビル3F
          京都市下京区水銀屋町637 第5長谷ビル3F 

   お申し込み、お問い合わせは creativelife2013☆outlook.com ☆を@に変えてメールにてご連絡ください。
   氏名・連絡先・体験会は第2希望までお書きください。
 
ボディトークは「からだ」「こころ」の不調を生む原因となる「ストレス」や「感情」に、独自のシステムとテクニックでアプローチ。誰もが持っている「自然治癒力」を本来の状態に近づけることにより、様々な症状を改善し健康促進を目指す先進的なヘルスケアテクニックです。

ヨーロッパの病院で、昏睡状態の患者さんに看護師さんがボディートークの施術をしたところ、6人中4名が目覚めたそうです。それを聞いたアメリカの看護師さんが「大脳皮質のテクニック」(今回のボディートークの説明会で紹介します)を13名の方にしたところ、12名が意識を取り戻したそうです。

また、東日本大震災の被災者の方に、ボディートークを用いてストレスの軽減を測ったところ効果を発揮したとのこと、

さらに、インドネシアの災害のあとに、孤児になった子供たちの施設で「大脳皮質のテクニック」を取り入れたところ、子どもたちの健康が保たれ、医療費が大幅に軽減されたということです。

ボディートークは言葉によるコミュニケーションが難しい昏睡状態の方や、痴呆症の方、また自閉症の子ども、そして動物などにも、体の声を聞くことでコミュニケーションをとることができます。

身体症状からメンタルなことまで、様々な症状に対応することができます。

お気軽にご参加ください。


スポンサーサイト

4月13日(日)ボディートーク説明会&体験会を開催します。

ボディートーク説明会&体験会

001.jpg


私たちは、もともと自然治癒力を持っています。けれども、強いストレスを体験すると、本来持っている調和が乱されバランスを崩してしまいます。
ボディートークは、体が持っている自己調整メカニズム、自然治癒力を増強し健康を取り戻す助けをします。
オーストラリアのカイロプラクター、鍼灸師でもあったジョン・ヴェルトハイム博士によって、さまざまな治療と医療を広く包含して生み出された、安全で効果の高い療法です。説明会にて詳細をお聞きください!!


4月13日
説明会
時 間:11:00~12:00
担当者:馬場紀子 http://bodyworkshop.co.jp/bodytalk
    毛利和美

参加費:500円(会場費として)

体験会
体験会: 各2枠×3  13:00~  13:50~  14:40~

参加費:3,000円 おひとり30分~40分
    ※通常の施術料は、60~90分程で7,000円です。

  体験会は事前にお申し込みをお願いします。
  第2希望まで記入してお申し込みください。
  折り返しお返事させていただきます。

  ※ご都合でキャンセルの場合は、必ず前日までにご連絡お願い致します。
  お申し込み creativelife2013☆outlook.com ☆を@に変えてメールでお申し込みください。

BodytalkJapan HP

8月にBody Talkの2回目を受けてきました。

前回7月に受けてからの2回目です。

今回は受けた後はどちらかというと、スッキリという感じでその後の予定にも影響はなく無事に家に帰りました。

けれども、その後はちょっと大変でした。


大変だったと書くと、みなさんにお勧めするどころか、

「Body Talkを受けるのはどうだろう?」と思ってしまう人がいては困るのですが、

施術後の体験はひとそれぞれで違うと思いますが、時には変化に伴い多少の不調が起こるのは仕方がないのではないでしょうか?

施術は、あくまでも受け手の身体に聴くという方法なので、

身体の方も安全な範囲でなければ許可は出さないので、

許容範囲を超えることはないと思っていただけたら良いと思うのです。



話は少し逸れますが、癒しの過程は出会いの過程でもあると思うのです。

どんな施術者に会って、何をサポートしてもらうのかということは、

ある意味、運命と呼べるようなものが、時にはあるように感じるのです。



私自身「これがあるととても生きるのが大変」というものを長いこと抱えてきて、

それが何なのかも分からないし、どうしたら良いのかも分からないと途方にくれていた時期から、

それを何とか謎解こうと心理学、そして精神世界のことを学び始めました。


それから、さまざまな形で自分の内側と取り組んできたのですが、

「とても深くて大きなわけの分からないもの」の根に近いものをとうとう手放す時期がやってきて、

彼女に会ったように思えます。


彼女と初めてお会いしたとき、一目見て私は彼女に安心と信頼を感じられたのですが、

あとで、お誕生日を聞いてホロスコープを見せていただいたとき、

私の月と太陽に、彼女の月のノードと木星がそれぞれ重なっているのを見て、

偶然はないなぁと、必然を感じたのです。


何かを委ねるということはとても勇気のいることです。

それに触れることを誰にも許せるわけではなく、それを許し委ねられる人というのは、

特別な人だと思うのです。(そういう縁が誰にも必ずあると思うのです)


また、人それぞれ、形や質が違うかもしれませんが、

何かしら人には理解されないような、

ほかの人にはうまく説明できないのだけれど、

自分の中に、不自由を感じる部分を抱えている人は、

そう珍しくないのではないかと思うのです。


ただ、それがあまりにも人と違っているように思えるので、

理解してもらうのも難しく思えたり、

ましてどう癒せるかということだって、分からないようなものを、

皆んな、外側には見せないだけなのかもしれません。


ともかく、私は自分が感じている他の人には伝えられなかったものを彼女に表現することができ、

Body Talkを受けたのです。

家に帰ってから3日間ほどひどく気分が落ち込んでいました。

ただ、それも例のごとく「これは解放の過程」だと分かる安全範囲での体験です。

とはいえ、きついといえばなかなか大変な感じなのですが。


それから、しばらくして面白いことが起こりました。


夢を見たのです。


夢の中で、女の先生が生徒たちを前に立っています。

そのすぐ足元には女性の生徒がいて、私も彼女の横の方に座っています。

女の先生と女生徒は、やけに調子よく楽しげに話をしています。

私は二人のやり取りを見ているのですが、同時に女性の生徒のお腹から話し声と同じくらい大きな声で

表向きの言葉とは裏腹のことを言う声が聞こえています。

私は、それでその女性の生徒の肩をトントンと叩いて言います。

「ねえ、あなたは本当はこう思っているんでしょう」とその女性のお腹から聞こえてくる声を、

なぜか絞り出すように私は叫んだのです。

そして、同時になぜかものすごく大きな声で笑い始めたのです。

そして大声で笑いながら目が覚めたのです。


夢を見た後から、やはり変化を感じます。

「本当のことを言わない」ということは、とても大きな葛藤になっていたと思います。

それが、自分を信じられない理由だったり、自分を好きになれない理由だったのです。


当然ですよね、自分を偽って生きることをしながら誰を信じることができるのでしょうか?

でも、とても多くの人が人生の初期の段階で自分を偽らないと

この世界ではやっていけないのだと学習するのではないでしょうか?


実は私は年上の自分にとって権威を感じさせる女性というのが、どうも苦手だったのです。

たぶん、それは母でしょう。

私は生き残るために、自分を偽って母の望むだろう生き方をしなければならなかったのです。

それは、苦しいいことでした。


また、子供のような目で見たら、お腹の中の本当の気持ちとは違うことを口から言っているというのは、

まるでコメディ映画を見ているように奇妙でおかしいことなのでしょうね。


その夢を見た少しあとに、両足院の副住職さんとお会いしたのも偶然ではなかったと思います。

両足院の副住職さんは、ごまかしや嘘は許さないという厳しい眼光で私たちのお話を聞いていたので、

なかなかの緊張感だったのです(^_^;)

(Chie)

Body Talkとは

Body Talk とは、オーストラリアの医師、ジョン・ヴェルトハイムが様々な療法(スポーツ医学、バイオエネルギー療法、オステオパシー鍼灸など)を多岐にわたって研究し、それらを総合して創り出された療法です。


人間には、もともと自然治癒力が備わっています。

それが、ストレスや感情の影響などによって、本来からだが持っている機能の働きが阻害されてしまいます。

私たちの体を構成しているたくさんの細胞は、お互い情報を伝達し合っています。

Body Talkは、その伝達(コミュニケーション)を阻害するストレスなどの原因を見分け、

そのストレスにアプローチし、自然治癒力を本来の状態に戻すことを目的とした施術です。

Body Talk 療法のHP

Body Talk の紹介動画

Body Talkを体験しました

hana013.jpg


先月17日に、Body Talkというものを体験させていただきました。

まだ、十分にそのセラピーの内容を理解しているわけではないのですが、
感想としては、潜在意識が持っているパターンを変えることができる療法という感じがします。

やり方としては、身体の筋反射やバイオフィードバックを利用して、身体の声を読み取る技術を使います。

身体というのは、まさに無意識の宝庫で、私たちの潜在的意識を表現しています。

詳しくはこちらを↓
http://www.bodytalk.co.jp/

自分が何を考えているかという、思考について意識できる部分ももちろんありますが、
意識化することができない思考というものがあり、それが体の反応や緊張に影響を及ぼしている部分がかなりあるのです。

Body Talkを受けたあとに、本当に深いところで起きていた
これまでほとんど意識できずに続けてきた潜在意識パターンを手放したという感じがしました。

これまで握りしめていることさえ気がつかなかった、パターンの手放しが起こったという感覚です。

潜在意識がそれまでのパターンをやめたので、
これまで身体に溜め込んでいた緊張が徐々に浮上して解放されていくプロセスが起こりました。
ただ、そうなって初めて、
ああ、自分はこういう意識をほとんど意識できないところで、続けていたんだと気がつくような感じです。

施術を受けた直後はそれほど何かしたという手応えがないので、「これでいいのかな?」
というくらい、あっさりしていたのですが、帰りの電車に乗ろうと駅に着く頃に、
感情エネルギーがぐるぐると動き出したので、
正直その時はちょっとしんどくなってしまいました。

ただ、それが解放のプロセスの中で起きているということも、感じられたので、あまり心配はしなかったです。
私の場合は、こんな風に少し反応がきつく出ましたし、そのプロセスが終了するまで数日かかりました。
その間、頭から首にかけてのかなり深いところの緊張が解放されていったのですが、
左の首から肩にかけて、寝違えたような痛みが起こりました。ただ、それは数日でなくなりました。



反応は少しきつかったのですが、そこで解放されたエネルギーはかなり大きかったので、
それを手放したあとの変化は大きかったです。

どの程度の大きさのものを手放すかは、人それぞれ個人差があると思います。
また、タイミングもあると思います。


この場合は、タイミング的に、「これがあると生きるのが大変」というくらい、
大きなものを手放すタイミングが来ていました。
それには、それまでの様々なプロセスがありました。

ただ、あんなにシンプルなやり方で潜在意識を変えてしまうというのは、
本当にたくさんの方のヘルプになると思いました。

というのは、私たちの身体の痛みや症状は、かなり多くの場合思考が創り出しているからです。
どうしても不安や恐れにとらわれて、明るい未来や将来への期待を持つことが難しい人もいます。
それを変えようとしても、なかなか変えることができません。
でも、潜在的に起こっているその思考のパターンを「もうやめていいのだ」と自分自身に許可できたら、
もうそんな風に人生を生きることをしなくなります。

そうなったら、本当に人生は変わってしまいます。

ただ、変化するかしないかは施術者が決めるのではなく、
本人が決めるのです。
そういう自由意思を尊重されていることも、Body Talk の良いところです。


ジャックさんの活動を始めたことや、その流れでBody Talkのセラピストさんと出会ったことなどを体験していると、
癒しや解放というのは、本当はセラピーを受けている間に起こっているのではなく、
人生の流れの中で起こっているのだと感じます。

日々、様々なことがあり、色々な人との出会いややり取りがありますが、
前に進むために、それまでは避けたり目を背けていたものに、
あるとき逃げずにちゃんと向かい合おうと思う瞬間があったりします。

そうすると、ちゃんと人生はそのような決心をサポートされるように動き、
それに必要な場面や出会いを与えてくれます。

変化が起きるには準備の期間も必要です。
だから決心するには長い時間がかかるかもしれません。

でも、意図すれば、いつかはそれを解放する時期というのが来るのだなと、
人生ってすごいなぁと思います。







プロフィール

Creative Life

Author:Creative Life
自然療法・代替医療を考える Creative Lifeは、2013年春に京都を活動拠点として設立されました。
10月7日より、一般社団法人Creative Lifeとなりました。

このブログで、活動報告、お知らせなどを発信していきます。

この活動に賛同し一緒に活動していただく会員・賛助会員を募集しています。
お問い合わせはcreativelife2013☆outlook.com
☆を@に代えて事務局までメールにてお問い合わせください。

最新記事
お勧めの本
大野百合子さん 催眠ワークショップ開催予定!! 乞うご期待!!
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。